HOME > Biz Blog > 2012年4月号 > 2012/04/09 新規公開会社 エイチーム

2012/04/09 新規公開会社 エイチーム

今日は、2012年4月4日にマザーズに新規株式公開した「株式会社エイチーム」について取り上げます。

 

初値が、公開価格を170.6%上回り、今年のIPOの最大上昇率となり話題になりましたね。

 

株式会社エイチームは、平成9年に岐阜県土岐市にて、創業者で現在の代表取締役社長である林高生氏の個人事業としてスタート。平成12年に有限会社エイチームを岐阜県多治見市に設立(平成16年に株式会社に組織変更)、ソフトウェア受託開発会社として、主に携帯電話向けコンテンツの受託開発や携帯電話向けコンテンツサービスを軸に成長してきました。

平成21年には、mixi向けソーシャルアプリを、平成22年には、モバゲータウンおよびグリー向けソーシャルアプリをリリース。平成23年にはグリーと業務提携しています。

 

現在は、インターネット・モバイル端末をベースとしたコンシューマー向けサービスを主軸に、ゲーム・デジタルコンテンツの企画・開発及び運営などを行う「エンターテインメント事業」と、日常生活に密着した比較サイトや情報サイトの企画・開発及び運営などを行う「ライフサポート事業」を展開しています。  

 

エンターテインメント事業」では、「人と人とのつながり(オンライン性)」をテーマに、従来型携帯電話向け公式サイト、ソーシャルアプリ、スマートフォンやタブレット端末向けアプリのの企画・開発及び運営を主に行っています。

 

■ 従来型携帯電話向け公式サイト

平成24年1月末現在で合計385サイトを運営。代表的なサイトとしては、MMORPGの「エターナルゾーン」、「ミリオンヴァーサス」をはじめとするオンラインゲーム、和柄系きせかえサイト「和柄取り放題」をはじめとするきせかえサイト、ビジュアル系着うたフルサイト「V系STYLE*NEOフル」をはじめとする着うたフルサイトなどがあります。ただし、今後はスマートフォンの普及が一層進むものと考え、原則として従来型携帯電話向け公式サイトの新規リリースは行わない方針とのことです。 

 

■ ソーシャルアプリ

GREE、mobage、mixiなどのSNSを通じて、ゲームを中心とするソーシャルアプリを平成24月1月末現在で合計113アプリ提供。

代表的なアプリとして「無限マラソン」、「監獄脱出少女Lie」、公式サイト向け主力タイトル「エターナルゾーン」と連動した「エターナルゾーン -エバンの聖戦-」などがあります。 

 

■ スマートフォンやタブレット端末向けアプリ

Apple Inc.のiOS搭載端末向け及びGoogle Inc.のAndroid搭載端末向けに、ゲームアプリ・きせかえアプリ・その他エンターテインメントアプリを平成24年1月末現在で合計50アプリ提供。

代表的アプリとして、公式サイト向け主力タイトル「エターナルゾーン」や「ミリオンヴァーサス」などのスマートフォン版、ソーシャルアプリ向け主力タイトル「監獄脱出少女Lie」などのスマートフォン版、麻雀ゲーム「麻雀 雷神 -Rising-」、きせかえアプリ「[+]HOME」、アーティスト公式ファンクラブサービス「FANC!」などがあります。なかでも「麻雀 雷神 -Rising-」は200万ダウンロードを超える規模です。

  

ライフサポート事業」では、「不安の解消」をテーマに、日常生活に密着した比較サイトや情報サイトなどの企画・開発及び運営を主に行っています。  

 

■ 比較サイト

引越し価格の一括見積りサイトの「引越し価格ガイド」や「引越し侍」や、中古車買取価格の一括査定サイトの「かんたん車査定ガイド」や「ナビクル」、「カカクル」などを運営しています。

 

■ 情報サイト

「直近の空き日程だからこその特別プラン」をコンセプトにして、今すぐ結婚式を挙げたい人をターゲットにした結婚式場の検索・予約・情報サイトである「すぐ婚!navi 」や女性の体調管理・悩み相談サイトである「ラルーン」を運営しています。

 

平成23年7月末決算によると売上高のうち6割を「エンターテインメント事業」で、4割を「ライフサポート事業」であげています。

なお、エイチームのIPOステータスは以下のとおり(IPOデータベースより)。

 

<新規公開状況>  

公開日

2012/4/4

コード

3662

市場区分

マザーズ

設立年月日

 2000/2/29

ホームページ 

http://www.a-tm.co.jp/

会社名

株式会社エイチーム

業種

情報・通信業

事業内容

ゲーム・デジタルコンテンツの企画・開発及び運営、比較サイトや情報サイトの企画・開発及び運営

発行済株式総数

2,715,000株

(2012/1/31現在)

資本金

68,050千円

(2012/1/31現在)

従業員数

234名

(2012/1/31現在)

主幹事証券 大和証券キャピタル・マーケッツ 監査法人   有限責任監査法人トーマツ

公開価格

 1,080円

初値

2,923円

上場時

発行済株式総数

3,015,000株

(公募300,000株を含む)

公開株式数

(うち公募)

(うち売出)

350,700株

(300,000株)

(50,700株)

資金調達額

(うち公募)

(うち売出)

378百万円

(324百万円)

(54百万円)

時価総額

(初値)

8,812百万円

※ オーバーアロットメントによる売出しは45,700株

※ 資金調達額は「公開価格×公開株式数(自己株式処分を含む)」で算出

 

 

<財務情報>  

 決算年月

2007年7月

2008年7月

2009年7月

2010年7月

2011年7月

売上高(百万円) 1,356 2,645 3,075 3,517 4,064
経常利益(百万円)

210

602 246 239 446
当期純利益(百万円) 121 333 144 59 258
包括利益(百万円)
資本金(百万円) 28 38 48 55 55
純資産額(百万円) 188 542 706 780 1,038
総資産額(百万円) 662 1,322 1,738 1,636 1,801
一株当たり純資産(円) 73.95 208.87 268.26 291.71 388.23
一株当たり当期純利益(円) 48.26 130.36 55.78 22.56 96.53

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益(円)

 −  −  −  −

連単

単体 単体 単体 単体 単体

監査の有無

対象外 対象外 対象外 対象 対象

※ 平成23年10月27日付の株式分割(1株につき100株)に伴う影響を加味後 

エイチームの有価証券届出書によると今後は、「内製開発」、「海外市場も視野に入れたスマートフォン・タブレット端末向けサービス」を軸に、グリー株式会社との協業案件にも取り組みながら、収益の拡大を図っていく方針のようです。

 

ソーシャルゲームのプラットフォームを提供するGREEやDeNAが国内市場の成長を梃子に海外展開を加速する中、ソフト提供会社も将来は海外展開は避けられないでしょう。

 

GREEやDeNAに話題が集中する中、今後は(米)Zynga(ジンガ)のような世界と戦えるソーシャルゲームのソフト会社の誕生の有無にも注目ですね。

 

 

【Biz Blogお休みのお知らせ】

明日のBiz Blogは当社都合によりお休みとさせていただきます。次回は4月11日となります。

前へ  次へ

このページの先頭へ戻る