HOME > Biz Blog > 2012年3月号 > 2012/03/29 新規株式公開会社 エムアップ

2012/03/29 新規株式公開会社 エムアップ

今日は、2012年3月14日にマザーズに新規株式公開した「株式会社エムアップ」について取り上げます。

 

株式会社エムアップは、レコード会社、株式会社アンリミテッドグループにおける、音楽を中心としたコンテンツ配信を行うインターネット関連事業部として発足。その後、平成16年12月14日に東京都渋谷区において、携帯電話端末およびPC端末向けの有料コンテンツの提供をおよび通信販売を主事業とする目的でエムアップを設立、株式会社アンリミテッドグループから営業譲渡を受けて事業を開始しました。

 

現在は、「携帯コンテンツ配信事業」と「PCコンテンツ配信事業」、「eコマース事業」の3つをの事業を柱としています。

 

携帯コンテンツ配信事業」では、アーティストを中心にタレントからスポーツ・アスリートまで、国内主要キャリア(docomo・au・SoftBank)公式の携帯サイトを通じ、有料コンテンルを提供しています。  

具体的なコンテンツとしては、着うたやメロディコールを提供する「音楽コンテンツ配信サイト」、メール素材や待ち受けキャラクターなどを提供する「エンタテインメントコンテンツ配信サイト」、およびアーティストやタレント、スポーツ選手を取り扱う「ファンクラブサイト」があります。また、スマートフォン並びにタブレット端末向けの電子書籍やアプリの提供も行っています。

 

エムアップが運営する携帯配信サイトの例は以下のとおり。

 ■ 音楽コンテンツ配信サイト:http://info.m-up.com/business/mobile/distribution/

 ■ エンタテインメントコンテンツ配信サイト:http://info.m-up.com/business/mobile/entertainment/

 ■ ファンクラブサイト:http://info.m-up.com/business/mobile/fansite/

 

 

PCコンテンツ配信事業」では、インターネットサービスプロバイダー及びポータルサイトを通じ、それら会員向けのWebサイトより有料コンテンツの提供を行っています。

 

エムアップが運営するPCコンテンツ配信サイトの例は以下のとおり。

 ■ ファンクライブサイト:http://info.m-up.com/business/pc/fansite/

 

 

eコマース事業」では、PCや携帯電話端末の利用者に対し、インターネットを通じてCD/DVD等のパッケージ商品やアーティストグッズ、およびアパレル商品等の販売を行っています。

 

エムアップが運営するeコマースサイトの例は以下のとおり。

 ■ CD・DVD・グッズ直販サイト:http://info.m-up.com/business/ecommerce/sale/

 

 

そして、上記の3事業が、それぞれが独自の事業モデルを構築するとともに、事業同士連動したシナジー効果も発揮させることによって、より利便性・収益性の高いコンテンツサービスを展開しているようです。 

 

コンテンツの特徴としては、アーティストではEXEILE、徳永英明、SKE48、夏川りみ、GLAY、アーティスト以外では小栗旬、本田圭佑などからキャラクターや電子書籍まで幅広い分野で展開しています。

また、技術主導でのサイト運営ではなく、レコード会社をはじめとする音楽業界等のコンテンツホルダー出身者が、より利用者にとって魅力的なコンテンツ、商品を提供することに主眼を置き、サイト運営を行っている点にも特徴があります。

 

<IPO概況> 

公開日

2012/3/14

コード

  3661

市場区分

マザーズ

設立年月日

 2004/12/14

ホームページ 

http://www.m-up.com/

会社名

株式会社エムアップ

業種

情報・通信業

事業内容

携帯・PCコンテンツ配信及びEコマース事業

発行済株式総数

1,583,000株

(2011/12/31現在)

資本金

154,890千円

(2011/12/31現在)

従業員数

55名

(2011/12/31現在)

主幹事証券 大和証券キャピタル・マーケッツ 監査法人   有限責任監査法人トーマツ

公開価格

 1,130円

初値

1,987円

上場時

発行済株式総数

1,583,000株

公開株式数

(うち公募)

(うち売出)

487,900株

(176,500株)

(311,400株)※

資金調達額

(うち公募)

(うち売出)

551百万円

(199百万円)

(351百万円)

時価総額

(初値)

3,145百万円

※ オーバーアロットメントによる売出しは63,600株

 

<財務情報>

 決算年月

2007年3月

2008年3月

2009年3月

2010年3月

2011年3月

売上高(百万円) 1,428 1,611 1,966 2,416 2,748
経常利益(百万円)

167

153 223 336 367
当期純利益(百万円) 150 △31 118 173 202
包括利益(百万円)
資本金(百万円) 136 136 136 142 148
純資産額(百万円) 332 301 420 605 819
総資産額(百万円) 633 675 980 1,216 1,506
一株当たり純資産(円) 221.05 200.15 279.15 395.28 526.30
一株当たり当期純利益(円) 99.78 △20.89 79.00 114.43 130.48

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益(円)

 −  −  −  −

連単

単体 単体 単体 単体 単体

監査の有無

対象外 対象外 対象外 対象 対象

※ 平成22年10月13日付の株式分割(1株につき100株)に伴う影響を加味後

日経電子版で美藤宏一郎社長のコメントを見ましたが、エムアップの強みは業界出身者がサイトを作っているところにあるようです。

一般的にアーチストやタレントの寿命は短いといわれているなか、今後いかに集客力の高く息の長いアーティスト等を発掘・獲得できるのかも今後のビジネス展開に大きく影響がありそうです。今後の展開に注目ですね。

前へ  次へ

このページの先頭へ戻る