HOME > Biz Blog > 2012年3月号 > 2012/03/02 ローソン、今期営業益最高

2012/03/02 ローソン、今期営業益最高

今日の日経朝刊17面で、ローソンの記事が掲載されていたので、今日はその話題から。

 

<2012年3月1日 日経朝刊13面要約記事>


・ローソンの2013年2月期の連結営業利益は過去最高に更新しそうだ。新浪社長は日経新聞の取材に対して前期実績見込み(2012年2月期※筆者注)615億円と比べ「1割増(676億円)を目指したい」との考えを示した。

・連結売上高は前期推定4730億円から3%程度増収になりそう。新規出店を増やし、純増数は最大で前期の2倍弱の400〜600店舗になる見通し。2月末までサークルKサンクスに加盟していたシー・ヴイ・エス・ベイエリアが120店舗強をローソンに転換することも寄与。

・女性の来店割合数は40%を超えた。生鮮食品を扱う店舗数を増やした影響が大きく、12年2月末で全店舗の半分に達した。

・営業増益は10年連続。PB商品の拡充で採算が改善。ROEは15%台半ばと「(前期比で)1ポイント程度引き上げる」と語った。

・収益改善が課題となっている100円均一の生鮮コンビニの「ローソンストア100」は新しい情報システムを導入する店舗を増やし、品切れによる販売機会の損失を減らす。「1年くらいかけて通常のローソン店舗と同じ水準(3〜4%)に引き上げたい」という。


<要約記事はここまで>

 

2012年2月期の決算が出る前に、もう2013年2月期の話題です。スピード感がありますね。

コンビニについて触れた以前のBizBlogの記事はこちら。

 

2011/11/21 海外出店数、国内を逆転 コンビニ5社、純増1.5倍

 

◆コンビニ各社のステータス

コンビニ各社の直近ステータスは以下のとおりです。

 

会社名 セブンイレブン ローソン ファミリーマート サークルKサンクス ミニストップ
証券番号

3382

2651

8028

3337

9946
決算期

平成24年2月期

平成24年2月期

平成24年2月期

平成24年2月期

平成24年2月期
系列

セブンイレブングループ

三井物産(1.83%)

三菱商事(31.9%)

伊藤忠商事(30.6%)

ユニー(47.2%)

(ユニーTOB実施中)

イオン(47.4%)

第3四半期累計売上高

3,584,480

(△7.2%)

360,865

(+9.0%)

249,650

(+2.5%)

145,481

(△1.2%)

93,114

(+7.7%)

第3四半期累計営業利益

216,216

(+23.0%)

49,772

(+8.4%)

35,071

(+9.4)

19,841

(+18.6%)

 6,798

(+4.3%)

同営業利益率

6.03%

13.79%

14.04% 13.6%

7.3%

四半期DB 

セブン&アイ.pdf

ローソン.pdf

ファミマ.pdf

サークルKサンクス.pdf

ミニストップ.pdf

通期売上高見込み

4,780,000

(+6.6%)

473,000

(+7.2)

325,000

(+1.6%)

187,790

(△3.4%)

124,000

(+8.9%)

通期営業利益見込み

286,000

(+17.5%)

 61,500

(+10.7%)

 42,100

(+10.1%)

20,980

(+12.9%)

 8,300

(+8.6%)

店舗数

(全体)44,698店(100%)

(国内)13,718店(31%)

(海外)30,980店(69%)

(全体)10,313店(100%)

(国内)9,994店(97%)

(海外)318店(3%)

(全体)19,876店(100%)

(国内)8,777店(44%)

(海外)11,099店(56%)

(全体)6,224店(100%)

(国内)6,242店(100%)

(海外)0店(0%)

(全体)4,133店(100%)

(国内)2,082店(50%)

(海外)2,051店(50%)

店舗数情報 2011年12月末現在 2011年2月末 2012年01月末 2012年01月末

2012年01月末

※()書きは、前年同期比の増加率。

 

セブンイレブンはセブン&アイHDの数字です。

セブンイレブンジャパンの数字は2011年2月期の法定開示にて、売上高549,111百万円、営業利益169,152百万円、営業利益率30.8%です。

 

 

◆ローソンの最近の業績

ローソンの四半期ベースの業績推移は以下のとおりです。

四半期ベースでみると、右肩上がりって感じにも見えないですが、堅調に利益を確保していることが見てとれます。

 

<ローソンの業績推移>

【リソース】IKP財務データベースより筆者加工。

 

先日の以下のBizBlogでも触れたように、PB商品の取扱いは小売の収益の柱になっています。

 

2012/02/23 イオン、PB全6000品刷新 少量化や健康志向対応

 

ローソンを含めコンビニ各社においても、イオンのようにもう一歩踏み込んだPB戦略を打ち出すのでしょうか。

 

最後にローソンのチャートをみてみましょう。

 

<ローソン(2651) 6か月日足チャート>

【リソース】SBI證券より

 

以前のBizBlogの記事では海外展開をメインに取り上げましたが、ローソンは海外展開が進んでいないコンビニの1つ。海外戦略も含めて、どのように展開するかも注目していきたいですね。

 

なお、ユニーは現在サークルKサンクスを完全子会社化を目的としたTOBを実施中です。

以下のTOBデータベースもご覧ください。

 

'12/02/17 [T.O.]ユニー / [Sub.]サークルKサンクス

【リソース】IKP TOBデータベース

以 上

前へ  次へ

このページの先頭へ戻る