HOME > 新規株式公開(IPO)データベース > 2014年 > ポバール興業株式会社

ポバール興業株式会社

新規公開状況

公開日

2014/06/25

 コード

4247

市場区分

名証二部

会社名

ポバール興業株式会社

本店所在地

愛知県名古屋市

ホームページ 

http://www.poval.co.jp/

業種

化学

設立年月日

1964/11/02

主な株主

神田隆生:45.85%

神田くみ子:12.01%

神田亜希:7.20%

神田有華:7.20%

神田朝子:4.87%

 

※()内は、新株予約権による潜在株式数及びその割合で、内数で記載

主な役員

代表取締役社長:神田隆生(S30)

>>DIC鰹o身

 

取締役 管理部長:板倉満(S30)

 

取締役 製造部長:安井正巳(S30)

事業内容

当グループは、当社および子会社3社で構成され、工業用ベルト、ガラス研磨用部材等の樹脂加工品の製造・販売を主たる業務として展開している。

発行済株式総数

1,029,900株

(2014/05/22現在)

資本金

50,000千円

(2014/05/22現在)

従業員数

157名(19名)

(2014/04/30現在)

主幹事証券 東海東京証券 株式引受割合

東海東京証券:90%

東洋証券:5%

安藤証券:3%

マネックス証券:2%

監査法人

有限責任 あずさ監査法人

監査報酬

8.5百万円(監査業務)

ー百万円(非監査業務)

公開価格

980円

初値

1,045円

騰落率

6.63%

PER(公価)

4.17

PBR(公価)

0.27

PER(初値)

5.02

PBR(初値)

0.29

上場時

発行済株式総数

1,279,900株

(公募250,000株を含む)

公開株式数

(うち公募)

(うち売出)

287,500株

(250,000株)

(37,500株)

資金調達額

(うち公募)

(うち売出)

(うち引受証券)

282百万円

(225百万円)

(34百万円)

(23百万円)

時価総額

(初値)

1,337百万円

新株発行による手取金額

216百万円

手取金額の使途

プレス機械、ボイラー、太陽光発電等に係る設備投資に充当する予定。

 ※ 臨時雇用者数は従業員数欄の()外数で記載。

 ※ オーバーアロットメントによる売出しは37,500株

※  資金調達額は「公開価格×公開株式数(自己株式処分を含む)」、うち公募は「引受価格×公募株式数」、うち売出は「引受価格×売出株式数(OAを含む)」、うち引受証券は「(公開価格−引受価格)× 公開株式数(自己株式処分を含む)」で算出

財務情報

 決算年月

2010年3月

2011年3月

2012年3月

2013年3月

2014年3月

売上高(百万円) 1,886 1,935 2,145 2,277 2,318
経常利益(百万円) 217 145 181 274 282
当期純利益(百万円) 146 85 67 179 214
包括利益(百万円) 27 322 258
資本金(百万円) 50 50 50 50 50
純資産額(百万円) 3,207 3,289 3,224 3,468 3,711
総資産額(百万円) 4,001 4,021 3,937 4,223 4,446
一株当たり純資産(円) 3,114.71 3,194.20 3,070.21 3,361.27 3,596.38
一株当たり当期純利益(円) 142.32 82.95 65.82 174.69 208.23

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益(円)

 −  −  −  −  −

連単

単体 単体 連結 単体 連結
※  平成26年2月7日付の株式分割(1株につき10株)に伴う影響を加味後

 

セグメント情報

総合接着・樹脂加工事業の単一セグメントのため省略。

(すべて平成26年3月期ベース)

関連情報

製品・サービスごとの売上高比率:単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が90%超のため記載を省略。

地域ごと売上高比率:日本(74%)、アジア(25%)、その他(1%)

主な顧客ごとの売上高比率:旭硝子梶i12%)、クラレトレーディング梶i14%)

(すべて平成26年3月期ベース)

その他

補足情報

Biz Blog

外部リンク

前へ  次へ

 

お問い合わせフォーム
※クリックするとメールソフトが起動し、メールが送信できます。
※なお、当社スタッフが不在の場合ご対応できない可能性もございます。
 不在の場合には、メールにてお問い合わせ頂けると誠にありがたく思います。
このページの先頭へ戻る