HOME > 新規株式公開(IPO)データベース > 2013年 > 株式会社エンビプロ・ホールディングス

株式会社エンビプロ・ホールディングス

新規公開状況

公開日

2013/09/25

 コード

5698

市場区分

東証二部

会社名

株式会社エンビプロ・ホールディングス

本店所在地

静岡県富士宮市

ホームページ 

http://www.envipro.jp/

業種

鉄鋼

設立年月日

2010/05/21

主な株主

佐野富和:63.30%(2.97%)

佐野文勝:19.61%(0.89%)

 

※()内は、新株予約権による潜在株式数及びその割合で、内数で記載

主な役員

代表取締役社長:佐野富和(S27)

 

専務取締役:石井裕高(S26)

 

常務取締役:佐野文勝(S36)

事業内容

当グループは、純粋持株会社制を導入しており、当社および連結子会社7社、持分法適用関連会社2社で構成され、資源リサイクル事業を展開している。

発行済株式総数

4,602,000株

(2013/07/01現在)

資本金

100,000千円

(2013/07/01現在)

従業員数

240名(91名)

(2013/07/31現在)

主幹事証券 野村證券 株式引受割合

野村證券:80%

東海東京証券:10%

三菱UFJモルガン・スタンレー証券:3%

みずほ証券:2%

SBI証券:2%

極東証券:1%

エース証券:1%

高木証券:1%

監査法人

東陽監査法人

監査報酬

9百万円(監査業務)

−百万円(非監査業務)

公開価格

700円

初値

1,040円

騰落率

48.57%

PER(公価)

3.72

PBR(公価)

0.60

PER(初値)

5.53

PBR(初値)

0.89

上場時

発行済株式総数

6,222,000株

(公募1,620,000株を含む)

公開株式数

(うち公募)

(うち売出)

1,863,000株

(1,620,000株)

(243,000株)

資金調達額

(うち公募)

(うち売出)

(うち引受証券)

1,304百万円

(1,049百万円)

(157百万円)

(98百万円)

時価総額

(初値)

6,470百万円

新株発行による手取金額

1,038百万円

手取金額の使途

各種業務システムの修繕及び災害時のシステム復旧体制の整備等の設備資金および連結子会社3社における設備投資資金のための投融資に充当する予定。

 ※ 臨時雇用者数は従業員数欄の()外数で記載。

 ※ オーバーアロットメントによる売出し243,000株

※  資金調達額は「公開価格×公開株式数(自己株式処分を含む)」、うち公募は「引受価格×公募株式数」、うち売出は「引受価格×売出株式数(OAを含む)」、うち引受証券は「(公開価格−引受価格)× 公開株式数(自己株式処分を含む)」で算出

 

財務情報

 決算年月

2010年6月

2011年6月

2012年6月

2013年6月

売上高(百万円) 31,051 32,880 37,969
経常利益(百万円) △3 739 34 892
当期純利益(百万円) △3 376 △97 863
包括利益(百万円) 397 △97 884
資本金(百万円) 100 100 100 100
純資産額(百万円) 3,395 4,652 4,592 5,515
総資産額(百万円) 3,396 11,700 11,834 12,001
一株当たり純資産(円) 729.84 994.89 973.74 1,166.04
一株当たり当期純利益(円) △0.85 81.87 △21.23 187.74

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益(円)

 −  −  −  −

連単

単体 連結 連結 連結

 

セグメント情報

資源リサイクル事業の単一セグメントのため省略。

(すべて平成25年6月期ベース)

関連情報

製品・サービスごとの売上高比率:単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が90%超のため記載を省略。

地域ごと売上高比率:日本(25%)、アジア(70%)、南米(3%)、アフリカ(2%)、その他(0%)

主な顧客ごとの売上高比率:SEAH BESTEEL CORPORATION(16%)

(すべて平成25年6月期ベース)

その他

補足情報

Biz Blog

外部リンク

 

前へ  次へ

 

 

お問い合わせフォーム
※クリックするとメールソフトが起動し、メールが送信できます。
※なお、当社スタッフが不在の場合ご対応できない可能性もございます。
 不在の場合には、メールにてお問い合わせ頂けると誠にありがたく思います。
このページの先頭へ戻る