株式会社横田製作所

新規公開状況

公開日

2013/06/13

 コード

6248

市場区分

JASDAQ

会社名

株式会社横田製作所

本店所在地

広島県広島市

ホームページ 

http://www.aquadevice.com/

業種

機械

設立年月日

1953/05/20

主な株主

横田博:26.00%

横田製作所従業員持株会:14.36%

三浦眞理夫:12.50%

横田義之:9.38%

横田征子:9.38%

広島信用金庫:7.50%

横田恭子:7.00%

主な役員

代表取締役社長:横田博(S23)

>>三菱商事出身

 

代表取締役副社長:三浦眞理夫(S21)

>>東洋工業(現 マツダ)出身

 

常務取締役:秋山眞之(S16)

事業内容

水を中心とした流体に関する様々な問題を、自社独自の技術・ノウハウによって解決する「水ソリューション企業」として、業務用のポンプ・バルブの分野において顧客から受注を受けて、開発から製造(鋳造・加工・組立)・販売までを行っている。

 

事業系統図は以下のとおり。

発行済株式総数

1,600,000株

(2013/04/01現在)

資本金

40,000千円

(2012/12/31現在)

従業員数

60名(21名)

(2013/04/01現在)

主幹事証券 みずほ証券 株式引受割合

みずほ証券:85%

SMBC日興証券:5%

岡三証券:4%

東洋証券:3%

ひろぎんウツミ屋証券:1%

SBI証券:1%

マネックス証券:1%

監査法人

有限責任監査法人トーマツ

監査報酬

10百万円(監査業務)

−百万円(非監査業務)

公開価格

720円

初値

1,702円

騰落率

136.38%

PER(公価)

6.90

PBR(公価)

1.03

PER(初値)

16.31

PBR(初値)

2.43

上場時

発行済株式総数

1,800,000株

(新株発行による公募200,000株を含む)

公開株式数

(うち公募)

(うち売出)

563,700株

(250,200株)

(313,500株)

資金調達額

(うち公募)

(うち売出)

(うち引受証券)

406百万円

(166百万円)

(208百万円)

(32百万円)

時価総額

(初値)

3,064百万円

新株発行による手取金額

160百万円

手取金額の使途

設備資金(加工設備の更新、鋳造設備、加工設備、試験設備)として133百万円、運転資金として27百万円充当予定。

 ※ 臨時雇用者数は従業員数欄の()外数で記載。

 ※ 自己株式の処分による公募は50,200株

 ※ オーバーアロットメントによる売出しは73,500株

※  資金調達額は「公開価格×公開株式数(自己株式処分を含む)」、うち公募は「引受価格×公募株式数」、うち売出は「引受価格×売出株式数(OAを含む)」、うち引受証券は「(公開価格−引受価格)× 公開株式数(自己株式処分を含む)」で算出

 

財務情報

 決算年月

2008年3月

2009年3月

2010年3月

2011年3月

2012年3月

売上高(百万円) 1,859 1,849 1,628 1,337 1,816
経常利益(百万円)

256

283 257 189 306
当期純利益(百万円) 74 160 156 115 161
包括利益(百万円)
資本金(百万円) 40 40 40 40 40
純資産額(百万円) 527 684 839 939 1,085
総資産額(百万円) 1,348 1,525 1,459 1,494 1,909
一株当たり純資産(円) 329.77 441.68 541.61 606.08 700.40
一株当たり当期純利益(円) 46.26 100.28 101.18 74.47 104.32

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益(円)

 −  −  −  −  −

連単

単体 単体 単体 単位 単体
※  平成25年4月1日付の株式分割(1株につき20株)に伴う影響を加味後

 

セグメント情報

ポンプ及びバルブの製造販売事業の単一セグメントのため記載を省略。

(すべて平成24年3月期ベース)

関連情報

製品・サービスごとの売上高比率:ポンプ製品(46%)、バルブ製品(12%)、部品・サービス(42%)

地域ごと売上高比率:本邦の外部顧客への売上高が90%超のため記載は省略

主な顧客ごとの売上高比率:10%以上を占める相手先はいない

(すべて平成24年3月期ベース)

その他

補足情報

Biz Blog

外部リンク

 

前へ  次へ

 

 

お問い合わせフォーム
※クリックするとメールソフトが起動し、メールが送信できます。
※なお、当社スタッフが不在の場合ご対応できない可能性もございます。
 不在の場合には、メールにてお問い合わせ頂けると誠にありがたく思います。
このページの先頭へ戻る