HOME > 新規株式公開(IPO)データベース > 2012年 > 株式会社ジーンテクノサイエンス

株式会社ジーンテクノサイエンス

新規公開状況

公開日

2012/11/30

 コード

4584

市場区分

マザーズ

会社名

株式会社ジーンテクノサイエンス

本店所在地

北海道札幌市

ホームページ 

http://www.g-gts.com

業種

医薬品

設立年月日

2001/03/01

主な株主

道銀どさんこ2号投資事業有限責任組合:6.04%

NIFSMBC-V2006神戸バイオ・メディカル4号投資事業有限責任組合:5.81%

札幌元気テクノロジー投資事業有限責任組合:5.70%

日興地域密着型産学官連携投資事業有限責任組合:5.41%

清藤勉:5.32%

主な役員

代表取締役社長:河南雅成(S35)

>>三谷産業、免疫生物研究所等出身

 

取締役管理部長:上野昌邦(S28)

 

取締役兼事業開発部長:蒲池信一(S24)

>>中外製薬等出身

 

取締役兼経営企画室長:三ツ木勝俊(S50)>>監査法人太田昭和センチュリー出身

事業内容

市場の拡大が見込まれるバイオ医薬品に着目し、「バイオ後続品事業」及び「バイオ新薬事業」の2事業を柱として、医薬品開発に取り組んでいる。バイオ後続品事業は安定性を重視する一方、バイオ新薬事業は成長性を重視し、この両面から経営の安定と成長を目指すビジネスモデルとなっている。

さらに、大学などとのバイオ医薬品の共同研究などからターゲットを選定し、開発ノウハウを活かして開発計画を立案したうえで、社外の最適な試験受託企業や製造受託企業を選定し積極的に活用することで、複数品目の開発を平行してスピーディーに進めている。

これらの活動により得られた成果を、製薬企業にライセンスアウトあるいは製品販売を行うことで収益獲得につなげている。

 

ビジネスモデル図は以下のとおり。

 「バイオ後続品事業」の開発の流れと収益モデルおよび事業系統図は以下のとおり。

 

バイオ新薬事業」の開発の流れと収益モデルおよび事業系統図は以下のとおり。

 

発行済株式総数

1,371,100株

(2012/09/30現在)

資本金

847,975千円

(2012/09/30現在)

従業員数

8名

(−名)

(2012/09/30現在)

主幹事証券 野村證券 株式引受割合

野村證券:85%

みずほ証券:6%

いちよし証券:2%

エース証券:2%

東海東京証券:2%

高木証券:2%

日本アジア証券:1%

SBI証券:1%

監査法人

有限責任 あずさ監査法人

監査報酬

8百万円(監査業務)

ー百万円(非監査業務)

公開価格

1,200円

初値

1,550円

騰落率

29.16%

PER(公価)

△4.47

PBR(公価)

4.54

PER(初値)

△5.78

PBR(初値)

5.87

上場時

発行済株式総数

1,951,100株

(公募580,000株を含む)

公開株式数

(うち公募)

(うち売出)

999,900株

(580,000株)

(419,900株)

資金調達額

(うち公募)

(うち売出)

(うち引受証券)

1,199百万円

(640百万円)

(463百万円)

(96百万円)

時価総額

(初値)

3,024百万円

新株発行による手取金額

632百万円

手取金額の使途

シンジケートカバーによる第三者割当増資の手取額と合わせて全額をパイプライン拡充のための研究開発投資に充当。

 ※ 臨時雇用者数は従業員数欄の()外数で記載

 ※ オーバーアロットメントによる売出しは130,000株

※  資金調達額は「公開価格×公開株式数(自己株式処分を含む)」、うち公募は「引受価格×公募株式数」、うち売出は「引受価格×売出株式数(OAを含む)」、うち引受証券は「(公開価格−引受価格)× 公開株式数(自己株式処分を含む)」で算出

財務情報

 決算年月

2008年3月

2009年3月

2010年3月

2011年3月

2012年3月

売上高(百万円) 200 205 92 109 207
経常利益(百万円)

△88

△286 △142 △274 △317
当期純利益(百万円)

△89

△287 △143 △277 △320
包括利益(百万円)
資本金(百万円) 110 350 350 604 778
純資産額(百万円) 34

227

84 314 341
総資産額(百万円) 60 346 162 431 508
一株当たり純資産(円) 77.69 298.46 110.51 285.80 263.92
一株当たり当期純利益(円) △208.96 △410.17 △187.95 △274.61 △268.10

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益(円)

 −  −  −  −

連単

単体 単体 単体 単体 単体
※  平成24年8月8日付の株式分割(1株につき100株)に伴う影響を加味後

 

セグメント情報

医薬品開発事業の単一セグメントであるため記載は省略。

(すべて平成24年3月期ベース)

関連情報

製品ごとの売上高比率:単一の製品・サービス区分の外部顧客への売上高は90%超のため省略

地域ごと売上高比率:本邦の外部顧客へ売上高が90%を超えるため省略

主な顧客ごとの売上高比率:長瀬産業梶i89.7%)

(すべて平成24年3月期ベース)

その他

補足情報

Biz Blog

外部リンク

 

前へ  次へ

 

 

お問い合わせフォーム
※クリックするとメールソフトが起動し、メールが送信できます。
※なお、当社スタッフが不在の場合ご対応できない可能性もございます。
 不在の場合には、メールにてお問い合わせ頂けると誠にありがたく思います。
このページの先頭へ戻る