HOME > サービス > ファンド・SPC

ファンド・SPC

◆現在、新規のお客様のファンド管理についてはサービス提供を中止しております。予めご了承ください◆

 

IKPは、独立系ファイナンス・アカウンティング・ファームとして、ファンド・SPCに関するサービスを提供します。

ファンド管理サービス

近年、金融機関を中心に、リスク・リターンのコントロールを目的に、ファンド・SPCを活用した新しい金融技術が発展しました。投資事業有限責任組合(LPS)、有限責任事業組合(LLC)、特別目的会社(TMK)などの関連法規も整備され、金融機関だけでなく、幅広い業態で活用されています。

 

当社は、ファンド・SPCの管理に関するサービスを提供します。

 

 

◆税務申告・税務手続き・記帳代行・入出金事務管理・議事録管理

ファンド・SPCにおいて必要になる税務代理を行います。また、記帳代行による会計帳簿の作成、原始証票等の整理・保管、入出金管理業務の日常管理業務を行います。また、議事録の作成、計算書類等各種法定書類の作成を行います。

 

◆レポーティング業務

ファンド・SPCの分配方針に従って、投資家に対するレポーティング業務を実施します。また、コベナンツ条項に該当する指標等の報告が必要であれば、当該報告書の作成も行います。

 

◆モニタリング・サポート

コベナンツ条項の遵守状況や投資方針の遵守状況など、ファンド・SPCの運営状況のモニタリング状況の投資家向け報告書を作成します。

※モニタリング・サポートは監査業務・コンフォートレターの作成業務ではありません。

ファンド・セットアップ業務

当社は、ファンド・SPCのセットアップに関連するサポートを行います。

 

◆会計・税務アドバイス

アレンジャー等のオフバランス要件、アレンジャー・投資家の税務メリット等、会計・税務の視点からスキーム組成の助言を行います。

 

◆会社設立事務サポート

株式会社(KK)、合同会社(GK)、特定目的会社(TMK)の設立登記事務や税務署届出をサポートします。倒産隔離のために利用する一般社団法人の設立サポートも実施します。

 

◆コンフォートレター作成業務

譲渡債権の存在確認、契約上の適格債権の確認等、合意された手続(AUP)により、コンフォートレターを提出します。

 

※TMKの金融庁への許認可、契約書のレビュー、法的手続きなど、リーガル業務については必要に応じて提携ローファームと連携して対応します。

投資家向けサービス

IKPはファンド・SPCに投資する投資家サイドに対してもサービス提供しています。

 

 

◆モニタリングサービス

 適格な投資対象に投資しているか、コベナンツ条項は遵守しているか等のモニタリングを実施し、レポーティングを実施します。

 

◆投資リスク評価

事前に投資契約・約款等をレビューし、投資リスクの内容についてレポーティングします。

 

◆会計処理、時価評価サービス

投資組合等の会計処理、持分の時価評価などを実施します。必要に応じて、投資家(企業)が行う時価開示のサポートも実施します。ファンドが、投資家のために、金融商品会計基準に準拠した形でレポーティングしなければならない場合、IFRSに準拠してレポーティングしなければならない場合などのサポートもしております。

IKPのファンド・SPC業務の特徴

◆金融ファイナンスを専門とする公認会計士・税理士のサービス

金融ファイナンスを専門にする公認会計士・税理士によるサービスだから、適切なファンド・SPCサポートが期待できます。

 

◆SPC運営サイド、投資家サイドの両方のアドバイザー経験のある会計事務所

SPC管理サポート、SPCの監査、投資家サイドのリスク管理助言など様々な立場でファンドに関与してきた公認会計士によるサービスです。

 

◆様々なタイプのファンド・SPCに対応可能

流動化案件だけでなく、PEファンド、コンテンツファンドなどの投資ファンドの会計・税務にも精通しています。

 

◆ベンチャー企業のリアル・ビジネスをサポートするファンド・スキームの提案が可能

店舗型TK-GKスキームなど、リアルビジネスにおける資金調達スキームのご提案・管理をしております。

 

◆弁護士法人・司法書士法人との連携によるワンストップサポート

ストラクチャード・ファイナンスに精通した弁護士・司法書士と連携し、法務・会計・税務をトータルサポートします。

ファンド・SPC業務に関連するQ&Aはこちら ファンド・SPC業務に関連するナレッジ情報はこちら
お問い合わせフォーム
※クリックするとメールソフトが起動し、メールが送信できます。
※なお、当社スタッフが不在の場合ご対応できない可能性もございます。
 不在の場合には、メールにてお問い合わせ頂けると誠にありがたく思います。
このページの先頭へ戻る