MENU

IKP税理士法人
採用サイト

事務所案内

IKP税理士法人のポリシー

お客様にとって信頼できるパートナーでありたい

IKP税理士法人のポリシー

IKP税理士法人は創業してから10年以上にわたり多くのお客様に会計・税務・ファイナンスを中心としたプロフェッショナルサービスを提供しています。クライアントが直面する経営課題に対して経営者の方々と真摯に向き合い、クライアントにとってなくてはならない「真のパートナー」になることを目指しています。

また、成熟した日本市場において、新たなビジネスモデルを創造するスタートアップ・ベンチャー企業は今後の日本経済の発展には必要不可欠な存在であり、IKPは多くのスタートアップ企業をサポートしています。IKP自身もベンチャー精神を堅持し、従来型の会計事務所モデルから脱した「次世代型会計事務所モデル」を展開する必要があると考えています。従来の会計事務所では取り扱わなかったようなビジネス領域にも果敢にチャレンジし、クライアントとともにIKPは成長していきます。

IKPにとっての3つのポリシー

IKPではお客様にとって「真のパートナー」となるため、3つのポリシーを定めています。

01

「専門家」としてプライドをもって仕事をすること

IKPは会計・税務・ファイナンスを中心とした「専門性」を発揮することで、社会へ付加価値を生み出しています。

「専門家」としてのプライドをもって、1つ1つ丁寧に仕事を全うすることがとても大切です。

「専門家」としてプライドをもって仕事をすること

02

「学び」を忘れずに、自身の「成長」に尽力すること

専門家にゴールはなく、いくつになっても「学び」が不可欠です。自分自身に限界を作らず、専門家として成長し続けられるよう成長したいと思う気持ちがとても大切です。

IKPでは組織としてスタッフの成長を全力でサポートします。

「育成ビジョン」を詳しく見る

「学び」を忘れずに、自身の「成長」に尽力すること

03

クライアントだけでなく一緒に働く仲間を大切にすること

クライアントを大切にすることはもちろんのこと、一緒に働く仲間も大切にしなければなりません。

IKPの仕事は1人で完結する仕事はほとんどなく、複数人のチームで仕事をします。専門家としての考え方や知識を深めるためにも議論できる仲間が不可欠です。

クライアントだけでなく一緒に働く仲間を大切にすること

エントリーENTRY

一緒に成長できる仲間を募集中です。税務スタッフ、経理スタッフ、
アルバイト・インターンなど様々な職種で募集しています。ご応募お待ちしております!

エントリーはこちら

PAGETOP