MENU

IKP税理士法人
採用サイト

代表メッセージ

代表取締役

自分のなりたい「専門家」を

目指してください。

  • HITOSHI IDE
  • MASAHIDE HOSODA
  • HIROSHI NAMIKI
代表取締役

私たちインターナレッジ・パートナーズ(Inter-Knowledge Partners)は、会計・税務・ファイナンスの専門家として多くのお客様にプロフェッショナルサービスを提供し、クライアントの皆様とともに成長してきました。細田・井出が20代のときにスタートさせたIKPも10年以上の社歴となり、顧問先も一緒に働くメンバーも増えました。

IKPは広告・マーケティングを行うことなく、顧問先、金融機関、弁護士等の専門家などからのご紹介だけで、拡大・成長してまいりました。これも顧問先をはじめ、多くの関係者の方々からご愛顧頂き、IKPのサービスに評価を頂けているものと存じます。

社名であるInter-Knowledge Partnersは、「Knowledge(知識)を通じてお客様の信頼できるパートナーでありたい」「Knowledgeによってフラットに結ばれたプロフェッショナル・ファームでありたい」という理念に由来しており、「~の間の、相互の」を意味する接頭語「inter」をKnowledgeに付して社名としました。私たちは、専門家としての本源である「Knowledge」を大切にし、専門性に溢れたプロフェッショナルサービスを提供することを目指しています。また、IKPのメンバーが「Knowledge」を軸に上下のないフラットな関係でいられる組織でありたいとも思っています。

代表取締役

会計事務所へリクルート活動をされている皆さんは、自分なりの「目指すべき税理士の姿」があるのではないでしょうか。

「お客さんに寄り添える税理士になりたい」

「なんでも相談される税理士になりたい」

「高度な専門知識を持った専門家になりたい」

「税務調査に強い税理士になりたい」

「ファイナンスに強い税理士になりたい」

「資産税に強い税理士なりたい」

「税理士として独立してやってみたい」

税理士になった人、税理士を目指している人、すべての専門家・専門家の卵たちが、自分たちの目指す「理想像」を持ち、それを目指して皆さん日々精進しているのだと思います。専門家となって15年以上が経過する代表社員の私たちでも、それは変わりません。専門家としてのゴールはなく、専門家であり続ける限り、自分の描く「理想の専門家」へ向けて努力していくことになります。

IKPは「プロフェッショナルになりたい」という皆さんの気持ちを一番大切にします。IKPで行われている幅広い業務から、皆さんがなりたい専門家への道筋を見つけてください。IKPはそれを全力でサポートします。徹底した現場主義のOJTを通じて、業務処理・税務処理するための技術・ノウハウだけでなく、プロフェッショナルとしてマインドを皆さんにお伝えします。IKPでは「専門家としての成長」を必ず約束します。

代表取締役

現在の会計業界は、会計・人事関連クラウドソフトの普及が拡大し、RPA(Robotics Process Automation:ロボットによる自動化)もいよいよ本格し、激動の時代を迎えています。従来型の会計事務所モデルでは立ち行かなくなることは明白で、私たち会計人はお客様のニーズと真摯に向き合い、付加価値のあるサービスを提供し続けなければなりません。クラウドソフトやロボットに仕事を奪われるのではなく、むしろ彼ら(ロボットたち)を使って仕事を効果的かつ効率的に行える人材にならなければ今後の会計業界で必要とされる会計人にはなれないのです。

IKPはベンチャー型会計事務所として、こうした最先端のテクノロジーを使いこなし、プロフェッショナルサービスを日々提供していく努力をしています。その中で働く皆さんは、自ずと最先端ツールを使いこなすことができるようになり、時代に取り残されない次世代の会計人へと成長できます。

IKPでの仕事はどれもすべてやりがいのある仕事ばかりです。希望と情熱をもってチャレンジする皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

エントリーENTRY

一緒に成長できる仲間を募集中です。税務スタッフ、経理スタッフ、
アルバイト・インターンなど様々な職種で募集しています。ご応募お待ちしております!

エントリーはこちら

PAGETOP